2019年10月04日

665 やはりパスカルズは単独を見に行きたかった。

しかし、たまが出るなら、仕方がなかった。
posted by kosuke-ikeda at 22:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

628 ボヘミアンラプソディー


ボヘミアンラプソディー良かった。経験として体験として良い2時間でした。
posted by kosuke-ikeda at 19:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

625 ドレスコーズ - ゴッホ



0000aaa.jpg
posted by kosuke-ikeda at 19:48| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

545 今日は時間もないのでたまでも貼る

すごい音楽、グルーヴ、パワー
posted by kosuke-ikeda at 22:53| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

541 今日は時間もないのでしょぼたまでも貼る


声に魅力がある。歌唱力が弱めでも。(17年10月7日追記)

posted by kosuke-ikeda at 23:54| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

504 ゲスの極み乙女。

の音楽のすごさに、今頃になって気がつく。
前々から、そのすごさについては、耳にしていたし、スキャンダル後も「曲はいいんだけどねー」的な事はよく耳にしいていたのだが・・

「曲はいいんだけどねー」
じゃあ、ええやないか別に。っていう話やわな、そりゃそうやわな。

ドラムもベースもえぐい。
posted by kosuke-ikeda at 21:11| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

334 アリが正義だ!

必ず最後は死で終わることが確定している人生なのに、キリギリスの立場を悲惨な運命としている「アリとキリギリス」の作者はなんかつまんない思慮浅い人だねと思ってしまうなぁ。
幼稚園の頃にこの話を初めて聞かされて、アリが100%正しいみたいに聞かされて、自分でもそう思ってたけど、実際の現実はどっちでもいい、どっちも正しいが正解なのにね。
特に日本人はアリが正義と思ってそうで嫌やわ。こういう人には問題ガールやな。
でも、アリが正義だ!という風に大人が私に押し付けてきたという経験があるからこそ、そんなことないやんけという事に気づけたという考え方もできるけどな話やけども。






posted by kosuke-ikeda at 21:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

274 ノイズを気にしてはいけない

やっぱり、今日も書くことないけど、書きはじめてみる。
書きはじめてみると意外と書けるものである、とか言えるようになれれば楽なんでしょうが。
ないものはない。
しかも、PC用のスピーカーからジャックが外れてて、それがどこかにあたってるのか、ノイズが鬱陶しい。
こういういらんのに鳴ってやがるノイズはほんとにいらない。マジノイズ。

ところで、ノイズ音楽のノイズは聞けるので、ノイズやないなあれは。
ノイズ音楽聞いてる人たちはというのは、ノイズ聞きたいねんから、それはもうノイズではない。ちゃんと主張が感じられるしね。

ということで、



まあノイズですわ。





posted by kosuke-ikeda at 20:53| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

249 Nu & Jo Ke - Who Loves The Sun (Original Mix)

全然思うような結果が得られなくても、やっていくしかない。



posted by kosuke-ikeda at 19:55| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

217 人をバカにした制度

どんなに受け入れがたくてもほとんどの分野においてヒエラルキーが存在する。
じゃあ、なんでヒエラルキーを受け入れがたく思ってしまうのか、それは、人間は平等であると教育されてきたからでしょうね。
人は格差がないと教える格差の中の人





posted by kosuke-ikeda at 20:01| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする