2015年11月02日

101 新脱亜入欧

ハロウィンって、ここ2,3年で急激に盛り上がりや認知が進んできたと思うけど、その流れに素直に乗っかって盛り上がる人も居るけど、多くの人々は、冷めた目で見送ってると思われる。
でも、そういう人でも初詣なんかはごく当たり前に盛り上がったりしてると思うねんなー。残念ながら、初詣というイベントも広く一般化したのは明治以降の鉄道事業のキャンペーンのおかげなんですってよ。
言うても、年賀状だってそんなもんやし、バレンタインだって、クリスマスだってそうやな。
もっと言えば、結婚式でさえ、本来、貴族や一部の地方だけでやってたイベントだったそうな。それが広く一般に広まったものは、そこにビジネスチャンスがあったからなんやろうね。いや、人々が盛り上がったからビジネスチャンスが生まれたのか・・

我々が、これぞ伝統ザ日本と思ってることも、ほとんどは明治維新以降のもんやしね。
あと100年もすれば、ハロウィンのイベントも重要文化財的扱いになってるかもね。

posted by kosuke-ikeda at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: